港山下ナナイロ・MEGAドンキオープン!子連れにオススメポイント5選

横浜

ランチやカフェができるお店は山下公園や元町周辺にはたくさんありますが、子連れで入れるお店となるとこれまで探すのは大変でした。
どちらも雰囲気がよく、横浜らしさも感じられることから子供ができるまではよく訪れていましたが、子連れとなってからはめっきり行く機会が減ってしまいました。

そんな中、11月22日に山下公園や元町エリアに港山下ナナイロ・MEGAドンキ港山下総本店がリニューアルオープン!
早速訪れてみると、今までこのエリアには無縁だった子連れにとって優しい施設も整っていました。

この記事ではその港山下ナナイロ・MEGAドンキ港山下総本店のオススメポイントを子連れの視点でまとめます。

山下公園・元町周辺の子連れ環境

オススメポイントをより理解していただくために、港山下ナナイロ・MEGAドンキ港山下総本店ができたエリアについて少し紹介させていただきます。

横浜といえば今はみなとみらいが開発ラッシュで賑わいを見せていて観光客も多くなっていますが、かつては山下公園や元町がその賑わいの中心でした。

特に元町に言えることですが道が狭かったり坂が多く、現在でも子連れお断りなんてお店もあります。
子連れお断りのお店に関しては過去にトラブルがあり致し方なくそうしているものだと思われますが、全体的に子連れを歓迎するようなお店は少なくキッズメニューを提供するお店を探すのは大変です。
数年前、元町商店街の中にようやくオムツ替えや授乳などができる施設ができましたが、それでも子連れには訪れにくいエリアになっています。

我が家も買い物なら車か電車などの交通手段を問わずマークイズやランドマークがあるみなとみらいエリアに訪れることが多いです。
それでも山下公園や元町周辺も好きなので、子連れに優しい施設ができてくれないかなぁと思っていました。

スポンサーリンク

港山下ナナイロ開業

子連れファミリーにとっては厳しい環境の山下公園・元町エリアにできたのがこの港山下ナナイロという商業施設です。
港山下ナナイロに入るテナント一覧はこちらからご確認できます。

港山下ナナイロ
「港山下ナナイロ」をよろしくお願いいたします。

元々ここにはドンキホーテ山下公園店があったのですが、2016年に取り壊され、隣の敷地も合わせてこの商業施設が建てられました。
以前はドンキホーテだけだったのですが、再開発によりドンキホーテをはじめ多数の専門店やフードコートが入る商業施設に生まれ変わり、今までと比べると子連れにとって訪れやすいエリアに様変わりしました。

子連れにオススメポイント5選

ここでは港山下ナナイロ・MEGAドンキ港山下総本店に訪れるにあたり、子連れとってオススメのポイントを5つ選んでみました。

車で訪れても長時間駐車可能

MEGAドンキ港山下総本店も入る港山下ナナイロには最大11時間の駐車割引サービスがあります。
港山下ナナイロやMEGAドンキ港山下総本店でいくら買い物をするかでこの割引時間も異なってくるのですが、たとえ少ない金額の買い物でも3時間の駐車割引サービスを受けることができます。

駐車サービスについては以下の記事で詳しくまとめています。

MEGAドンキ港山下総本店の駐車料金・サービスとmajicaカードを紹介します
山下公園や横浜元町周辺に車で訪れたことがある方は駐車場を探すのに苦労された経験をお持ちではないでしょうか? これからはそんな心配が軽減されるかもしれません。 というのも、山下公園や横浜元町にも程近い場所にMEGAドンキ港山下総本店が...

子供用カートがすごい

港山下ナナイロには子供用のカートがあり、子供を乗せてドンキホーテでも買い物をすることができます。

この子供用カートの前方には液晶ディスプレイがついていて、タブレットのようにタッチして遊ぶことができます。
3つのゲームから選んで遊ぶことができ、以下のゲームがありました。

・きかんしゃトーマスせんろをつくろう
・クレヨンしんちゃんお手伝い大作戦
・ガチャピン&ムックちゃんねる

娘はこの中で唯一知っているトーマスを選択して遊んでいました。
トーマスの仲間たちのずかんもありました。

少し注意が必要なのは、この子供用カートは台数がかなり限られていることです。
探しても空いているカートを見つけるのは困難なのですが、駐車場の出入り口付近に置かれていることが多いです。
2度訪れて2度とも駐車場の出入り口で空きを見つけました。

あと、このカートは結構横幅があり重いです。
子供を乗せると静かに遊んでくれる反面、買い物や移動がしにくくなるので注意してください。

スポンサーリンク

フードコートや子連れに魅力的な飲食店も

山下公園や元町周辺にフードコートがある商業施設ができるとは思ってもみませんでした。
ファミレスとは無縁の元町にあって、子供が食べられるメニューを提供するフードコートは助かります。
特に子供が食べやすい、はなまるうどんは子連れの味方になると思います。

座席も子連れを意識して子供に合わせた小さな椅子やテーブルも用意されていました。
スペースも十分あったので落ち着いて食事ができると思います。

またフードコートと同じフロアに回転寿司の「くら寿司」が入っていました。
いつも混雑しているので特に週末は事前に予約をしておくことをオススメします。

他にも元町de焼肉DOURAKUというお店に惹かれました。
国産牛を使用しつつ金額を抑えたメニューを提供していました。
ランチに関してはライスのお代わり自由フリードリンク、更にアイスやシャーベットの食べ放題も付いているとは思えない価格になっていました。
こちらは近いうちに行きたいです。

おもちゃが安い・遊べる

ドンキホーテだけあって常に割引価格でオモチャが売っています。

例えば「ばいきんまんのくるくるメカ工場ブロックバケツ」に関しては47パーセントオフの3980円で売ってきました。
消費税を入れても4298円で、アマゾンや楽天の最安値と比べても1000円程安くなっていました。

また商品の前にはそのおもちゃで遊べるよう展示されていました。
実際に遊ばせてみて反応を見てから購入することができます。
売り場も結構広く、シリーズや対象年齢ごとに分かれている印象でした。

巨大な水槽があり熱帯魚が鑑賞できる

MEGAドンキ港山下総本店の1階玄関には大きな水槽が設置されていて熱帯魚などを鑑賞することができます。
水槽は他のドンキホーテの店舗も設置されていたりしますが、ここも同様に設置されていました。

この水槽にいる熱帯魚は「パラオ共和国」のサンゴ礁にいる熱帯魚だそうで、なんとパラオ共和国の政府や州政府の特別な許可も得ているそうです。
そして熱帯魚たちの構成はパラオ水族館の指導のもと行われたそうです。

今まで何となく見てきたドンキホーテの水槽ですが、ここまで本格的に準備されつくられているとは思いませんでした・・・

感想とまとめ

元町のノスタルジックな雰囲気が個人的にかなり好きなのですが、先にも述べたように子連れには敷居が高くこれまで訪れても長居できませんでした。
今回この港山下ナナイロ・MEGAドンキに実際に訪れてみると子供向けの施設が充実していて、ここに行けば少なくとも子連れでカジュアルな食事はできると思いました。

子供用カートに乗ったり、オモチャ売り場に一度訪れてしまうとなかなか帰らせてくれないという懸念はありますが、今まではそんな懸念すら無かったですからね。ほんと助かります。

これを機に元町商店街も更に活気が出てくれると嬉しいですし、今まで以上に家族で訪れたいと思いました。

横浜
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パパコレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました