真っ白なビーチが広がる白良浜で水遊び!白浜マリオット近く!

白良浜 和歌山

白浜マリオットに宿泊した際に、ホテルから徒歩3分の距離にある白良浜へ行ってきました。
訪れたのはゴールデンウィーク、海開きのイベントも行われていましたが、イベントそっちのけで家族で水遊びしてきました。

白良浜の特徴

簡単に特徴をまとめると以下です。

・白い砂
・遠浅
・波は比較的穏やか
・ハワイのワイキキビーチと友好姉妹浜
・サンセットビーチ

白良浜は白浜にありますが、その名の通り白い浜が特徴的です。
この浜が一番の売りでもありますし、夏の海水浴シーズンには大勢の人たちで賑わいます。
また遠浅になっているのと波が穏やかなため、子連れでも海水浴が楽しめます。
白良浜はその雰囲気と海の綺麗さから、日本にいながらにして南国のような海を楽しむことができます。
それはハワイのワイキキビーチと友好姉妹浜になっていることからも分かります。

また個人的にオススメなのが、白良浜は夕日が綺麗に見られるサンセットビーチだということです。
海水浴は夏にしか楽しめませんが、季節を問わず天気が良い日に白良浜で楽しめるのがサンセットです。
今回は宿泊した近隣ホテルから夕日を見ましたが、ほんと幻想的でした!
詳しくは以下の記事をご覧ください。

場所は南紀白浜マリオットホテルから直ぐ

南紀白浜マリオットホテルから白良浜は徒歩3分の距離です。
念のためスタッフに行き方を聞いたところ丁寧に教えていただきましたが、行ってみると聞くまでもない距離でした。
ホテルから白良浜までは少し下り坂になってはいましたが、歩道もあり子連れでも安心して歩くことができます。

スポンサーリンク

白良浜の印象

到着して驚いたのは真っ白な砂浜は想像以上に白かったことです。
天気が良かったこともありますが砂浜と海、そして空のコントラストが絶妙で、ワイキキビーチと姉妹浜なのが頷ける、トロピカルビーチそのものでした!

また海がエメラルドグリーンで澄んでいます。
そのため、海を通して砂浜の白さが伝わってくるほどでした。
こんな海が日本、ましてや本州にあったとは・・・

波が穏やかで水遊びに最適

水遊び車にピクニックシートを積んでいたので持って行き、敷くと準備完了。
はじめこそ少し怖がっていた娘ですが、直ぐに慣れ遊び始めました。
白良浜の海は波が穏やかで小さな子供でも目は離せないものの十分遊ぶことができると思いました。
また砂浜はゴミなどもなくサンダルがなくても歩きやすかったです。

以前訪れた他の浜ではガラスが落ちていたりもしたので、念のためビーチサンダル等はあった方が良いです。

主に水遊びや写真を撮ったりなどして遊びましたが、砂に絵を描いたりもしました。
ここの砂浜は粒子が細かくサラサラした砂でした。
通常、海水に浸かった足でビーチを歩くと砂がベットリとまとわりつきますが、白良浜では濡れてもサッパリしています。

水遊びした後は海水浴場によくある簡易的なシャワーがこの白良浜にもあったので砂を洗い流しました。
海水浴して遊んだわけではないので公共の無料シャワーで洗い流すだけで十分でした。

スポンサーリンク

石積みの堤防

石積みの堤防白良浜には浜の流出を防ぐための堤防が南側に設置されていました。
この堤防は石積みになっていて、実際に登ってみることもできます。

僕たちも登ってみましたが結構急でゴツゴツしていて歩きづらく、子連れは注意した方が良さそうです。
ただ、石と石の隙間は落ちないようコンクリートで埋められていたのでそこは安心しました。
石積み

足湯も楽しめる

足湯ホテルへ帰ろうと歩き始めて見つけたのがこちらも無料の足湯です。
つくもと足湯」というそうで、年中無休で足湯を楽しむことができます。

この足湯は割と広く、10人くらいが同時に足湯に浸かることができます。
雰囲気も通常の温泉のような石風呂でリラックスできました。
娘も少しのぼせたものの、ご満悦の様子でした。
足湯

感想とまとめ

白良浜のビーチ、海水浴シーズンは混雑すること必至ですが、それ以外の季節でも十分っ楽しめることが分かりました。
白い砂浜は想像以上の白さで、砂浜だけではなく海も澄んでいて綺麗となれば次回は海水浴シーズンに訪れてみたいです。
また家族にも好評で、思い出にはもちろんのこと写真でも綺麗に残すことができました。
今回はアドベンチャーワールドを目的に白浜マリオットホテルに宿泊しこの白良浜を訪れましたが、白良浜を目的にホテルに宿泊するのも全然ありだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました