オービィ横浜の夏限定イベント「変身!昆虫スゴわざ展2019」紹介!

横浜

オービィ横浜で2019夏限定のイベントが発表になりました。
テーマは昆虫で正式名称は「変身!昆虫スゴわざ展2019」です。
料金は通常のオービィ横浜入館料のみで追加料金はかかりません。

変身!昆虫スゴわざ展2019の基本情報

開催期間

2019年6月29日(土) – 2019年9月30日(月)

場所

オービィ横浜内のマルチスペース

料金

オービィ横浜の入館料のみで追加料金なしで楽しめます。
以前訪れた時に入館料のみで楽しめる内容を以下の記事でまとめています。

開催概要

この昆虫展は昨年も行われましたが、今年はリニューアルして開催されるそうです。
発表された内容を確認しましたが、昆虫の「スゴわざ」を映像やバーチャルを通して全身で体感できることを趣旨としていました。
具体的には次の内容をご確認ください。

昆虫と力比べ

オーエス!ヘラクレス!

180cm 近くの巨大ヘラクレスオオカブトと綱引きで力比べができるコンテンツ。
なりきりアイテムとしてカブトムシの「ツノ」と「背負子」を用意しカブトムシになりきって遊ぶことができます。

ハッケヨーイ!クワガタ!

アゴの力が有名なクワガタの大きなアゴを広げて力比べができるコンテンツ。
クワガタの顎を腕につけ、背負子を背負ってクワガタになりきって遊ぶことができます。

昆虫になりきる

昆虫キメ顔コンテスト!

普段間近で見ることができない昆虫のどアップパネルと一緒に写真が撮れるコンテンツ。
カブトムシやスズメバチなどのパネルを用意し、どの昆虫が一番人気だったかシールを貼って投票を行います。

ミンミンタイムアタック!

なりきりアイテム「セミの背負子」を背負って、木の幹に 30秒間掴まることができるかチャレンジできるコンテンツ。
フォトスポットにもなるよう、森の装飾を施します。

ミツバチ・ハニーショット!

働きバチが普段ミツを巣に入れるように、蜂の巣のように装飾されたパネルの穴にボールを投げ入れるストラックアウトコンテンツ。
制限時間に何個ボールを入れられるかカウントします。

ホレホレ!昆虫探し!

前脚の力が強いと言われているオケラのように土を掘って土の中から昆虫を探すコンテンツ。
昆虫以外にも、空き缶、ヘビ、化石なども土の中に潜んでいます。

エントランスにて「みんなの世界昆虫展2019」が同時開催

こちらは2019年6月29日(土) – 2019年9月8日(日)になっています。
期間が「変身!昆虫スゴわざ展2019」と比べて3週間ほど短いので要注意です。

料金は中学生以上600円、4歳から小学生が400円、3歳以下は無料です。
オービィ横浜の1日パスポートとセットになったお得な券も発売されています。

オービィ横浜に入館する手前のエントランス付近で開催されるため、「みんなの世界昆虫展2019」だけ楽しむのであればオービィ横浜の入館料はかかりません。

こちらではリアルな昆虫と触れ合ったり昆虫の展示をみたりすることができます。

触れ合える珍しい昆虫例

・アトラスオオカブト
・コーカサスオオカブト
・ミヤマクワガタ

展示されている人気の昆虫例

・ニジイロクワガタ
・ヘラクレスオオカブト
・ハナカマキリ

感想とまとめ

好評だったダイナソーパークは昆虫展となりましたが、ダイナソーパークに続いてこの昆虫展も内容盛りだくさんで楽しめそうです。
入館料のみで遊べる「変身!昆虫スゴわざ展2019」はバーチャルな昆虫の世界を、別途エントランス付近で開催される「みんなの世界昆虫展2019」ではリアルな昆虫を知ることができ、昆虫に対する理解も深まると思いました。
いずれも体験できることを売りにしているのがポイントだと思います。
年々、子供が昆虫に興味を持つ機会が減ってきていますが、この昆虫展で特別な体験をお子様にさせてみてもいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました