マークイズみなとみらいのお好み焼き屋「横濱こてがえし」は子供も楽しめて美味しい!

横濱こてがえし横浜

先日マークイズみなとみらいにあるお好み焼き屋「横濱こてがえし」に3歳の娘を連れて行ってきました。
一般的にお好み焼き屋は大阪のチェーン店が多いですが、その特徴として店員さんがお好み焼きを焼き上げ、客は一切手を出せないということが挙げられます。
その一方で、この「横濱こてがえし」はお好み焼きを客が焼くスタイルです。
どちらも一長一短があると思いますが、「横濱こてがえし」では自分たちで焼けるからこその楽しみがあったのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

「横濱こてがえし」の基本情報

場所

「横濱こてがえし」はマークイズみなとみらいの4階にあります。
フードコートと同じフロアで周りにはレストランが立ち並んでいますがその一角にあります。
フードコートが満席だった場合の候補として選択しても良いですね!

外観

外観外国人居留地が立ち並ぶ時代の横濱をイメージしたノスタルジックな外観でした。
店頭に置かれたガラスのショーケースにはお好み焼きをはじめサイドメニューなどのイメージがディズプレイされていました。
店頭ディスプレイ

店内の雰囲気

内観店名に「横濱」と付けられている通り、横浜をイメージした内観になっていました。
例えばステンドグラス!?に絵が描かれていて、それぞれの絵には横浜に関するものが描かれています。
また窓からは横浜ランドマークタワーも見えました。
ランドマークタワー

子連れにも対応していました

お好み焼き屋といえば鉄板があり熱く、油もはねたりと子連れは敬遠しがちかもしれません。
「横濱こてがえし」は子連れが多いマークイズみなとみらい内にあるとあって、子連れで訪れても問題ありませんでした。
店内には子供用のハイチェアが複数台置いてあり、店内を見渡しても子連れ客が多かったです。
ただ、さすがに子供向けメニューは置いてありませんでした。

それでも子供が鉄板に触ってしまわないよう、また油がはねないよう保護者は常に注意を払う必要がありますが、お好み焼きを焼いている間は専用の蓋をするので油がはねる機会は少なかったです。

スポンサーリンク

一部メニュー紹介

お好み焼き

お好み焼きメニューメインのお好み焼きは種類が多く、ミックス焼き豚焼き海鮮焼きなどどれも美味しそうでした。
お好み焼きに焼きそばを入れるモダン焼きもありました。
値段はどれも1000円を超えていて、大きさを見ても一人1枚が目安だと思いました。

またお好み焼きにはトッピングとしてバターキムチイカエビなども追加料金を払えば足すことができます。
トッピング

ドリンク

ソフトドリンクソフトドリンクとして緑茶やウーロン茶、十六茶などのお茶オレンジジュースなどの果汁系コーラやジンジャエールなどの炭酸系など一通り揃っていました。

ドリンクメニューまたアルコールは生ビールがジョッキで480円、ワインやハイボール、焼酎、日本酒などランチタイムでも注文することが可能です。
やはりお好み焼きはアルコールと合いますし個人的にビールが飲みたくなります。
実際にランチでも多くの方がビールを注文されていた印象でした。
ちなみに車を運転して来られた方用にノンアルコールビールも置いてありました。
ワイン・ノンアルコール

サイドメニュー

サイドメニューお好み焼き以外のサイドメニューも種類が豊富でした。
今回注文したのは「イカ焼き」や「ベーコンと青菜のガーリックソテー」そして「ハラミステーキ」です。
サイドメニューに関しては調理がされた状態で提供されました。
鉄板の上に置けば冷めないですし出来立てをいただくことができます。

スポンサーリンク

お好み焼きを作りました!その手順を紹介

お好み焼きの詳細な作り方は店員さんに教えてもらえますが、テーブルに置かれている作り方の手順も確認することができます。
作り方

次に、実際に作った様子を一つ一つ紹介します。

肉を焼く

お好み焼きの生地を流し込む前にやること、それは油を引き肉を焼くことです。
お好み焼きは豚肉が主流ですが、先に焼くことによって肉に十分火を通すことができます。

生地と具をよく混ぜる

お好み焼きは生地に具を乗せた状態で提供されます。
混ぜられてはいないので、生地を鉄板に広げる前によく混ぜる必要があります。

この生地を混ぜる作業は子供もできそうだったのでうちの娘にも混ぜてもらいました。

プレートに混ぜた生地と具を広げる

豚肉が焼きあがり、生地を混ぜ終わったらいよいよ生地を鉄板に広げていきます。
だいたい大きさは14cm程度に広げます。

蓋をして4分待つ

次に、生地の上から蓋を被せ4分待ちます。
テーブルの上には砂時計があるので時間の管理は心配無用です。

鉄板の温度調節は店員さんがやってくれます

ひっくり返す

蓋を外してひっくり返します。
この作業はお好み焼きを作る際の醍醐味ですし、店名にもなっている「こてがえし」の出番です。

やってみましたが、しっかり焼かれているので型崩れすることなくひっくり返すことができました。
コテを使って奥から手前に向かって手首を返すとうまく返ります。
ひっくり返したらまた蓋をして4分待ちます。

味付け

味付けソースやマヨネーズ、かつお節や青のりはテーブルに置かれています。
お好みの量で味付けします。
この作業も子供にさせてもいいと思います。
今回はマヨネーズをかけるのを手伝ってもらいました。
お手伝い

肝心のお味は?

ミックス焼きとモダン焼きを注文しましたが、どちらもとても美味しくお箸が止まりませんでした。
家で作るとどうしても粉っぽくなってしまうことがあるのですが、粉っぽさも全くなく蓋を置いて作るためか中までしっかり火が通っていました。
娘も気に入ったようでパクパクと食べていました。

感想とまとめ

スタッフの心づかいが素晴らしく、子連れでも安心して食事をすることができました。
何より味が美味しく、子供と一緒にお好み焼きを焼く楽しみもあり貴重な経験にもなります。
テーブルにはお好み焼きを焼く手順が記載された紙が置かれていますし、分からなければ気軽に店員さんに聞くこともできるので安心です。
このようなお好み焼き屋は子供ができてから行く機会が減ってしまいましたが「横濱こてがえし」は子供にも優しいことから、マークイズみなとみらいに訪れた際には買い物ついでにまた行ってみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました