横浜アンパンマンミュージアムが移転!場所は駅近で広さも倍以上に!

横浜

現在の横浜アンパンマンミュージアムが2019年5月26日(日)に閉館し、目と鼻の先にある移転先でオープンするのは2019年7月7日(日)です。
たまたま移転先の横浜アンパンマンミュージアムの前を通りかかったのですが、外構が取り除かれはじめていてその外観が見えてきました。
先日も横浜アンパンマンミュージアムを訪れたばかりなのですが、移転先は現在の建物と比べて数倍も立派な外観で驚きました・・・
この記事では移転先の横浜アンパンマンミュージアムの情報をまとめます。

移転先の場所

横浜アンパンマンミュージアムの移転先住所は以下です。

横浜市西区みなとみらい6-2-9

移転先は元々マリノスタウンがあったところでサッカーの練習場がありました。
そのため日当たりも抜群のところです。
また移転先は現在の横浜アンパンマンミュージアムから徒歩10分ほどの距離にあります。
嬉しいのは最寄駅であるみなとみらい線新高島駅からさらに近くなることです。
新高島からは徒歩5分もかからない距離ですし、横浜駅から子連れであっても十分徒歩圏内になります。
今までJRや私鉄・地下鉄から横浜駅でみなとみらい線に乗り換えていた方も乗り換えが不要になるのは朗報ですね!

また、横浜アンパンマンミュージアムの先には顧客満足度1位のスーパーマーケット、オーケーストアがあります。
これにより横浜アンパンマンミュージアムで遊んでスーパーで買い物をして帰るというプランも可能になります。

移転先の広さは現施設の倍に

現在の横浜アンパンマンミュージアムの広さ

敷地面積6730㎡
延床面積6030㎡

今の横浜アンパンマンミュージアムは平日はともかく週末ともなると子連れで大変賑わっています。
外でショーが行われる時間ともなると移動するのも困難なくらいスペースが狭いと感じます。
有料のミュージアム内も同じで、広々しているという印象よりは限られたスペースの中でうまく遊び場やお店がつくられている印象です。

スポンサーリンク

移転先の横浜アンパンマンミュージアムの広さ

それでは移転後の大きさはどうなるのでしょうか?
以下詳細です。

敷地面積6730㎡ -> 5650㎡
延床面積6030㎡ -> 14053㎡

特筆すべきは移転先の敷地面積に関してはむしろ狭くなっているものの、延床面積が倍以上になっていることです。
これは現在の建物がミュージアムとショッピングモールの2棟に分かれていることが関係しています。
新しくつくられる移転先の建物は1棟に全ての施設が入っているので無駄なスペースがなく広々とした空間を実現しています。
また今まではミュージアムとショッピングモールの移動は屋外を通るため雨に濡れてしまったりということがありましたが、そのような心配もなくなりますね!

移転先の施設

移転先の施設概要

移転先には全ての施設が1つの建物に入りますが、その施設配置は以下になります。

3階: 有料のミュージアム
2階: チケットカウンター
1階: 入場無料のショッピングモール・レストラン
地下1階: 駐車場

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

2階部分はコインロッカーやベビーカー置き場、そしてチケットカウンターになっていて、あとは1階部分と吹き抜けになっています。
駐車場は地下1階となっていますが、建築計画を見ると地下はなく地上4階建てとあるので半地下の駐車場になっているのではないかと思います。

スポンサーリンク

3階は有料のミュージアム

「パンこうじょう」イメージ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

3階フロアは有料のミュージアムとなっています。
パンこうじょうを中心に、人工芝が広がっていて走り回って遊べます。
今も大人気なボールパークなんかも広くなって登場するそうです。

また今までと同じくアンパンマンのショーが開かれるメインステージや各種イベントが行われます。
誕生日ショーなんかも3階で行われます。

メインステージイメージ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

今までになく面白いのは左側にある「わんぱくアイランド」です。
こちらではエア遊具やネット遊具を使った遊びができます。

「わんぱくアイランド」イメージ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アニメに登場するアンパンマンの街を再現した「みんなのまち」は移転前もありましたが、アンパンマンに登場するキャラクターの家を覗いたり、ごっこ遊びができます。
今まではゴミゴミした印象でしたが、このイメージを見ると広々としていて楽しめそうです!!

みんなのまち」イメージ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

1階は入場無料のショッピングモール・レストラン

「ファミリーステーション」イメージ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

1階は入場無料のショッピングモール兼レストランスペースとなっています。
特徴的なのは「ファミリーステーション」というスペースで、こどものトイレやオムツ替え、離乳食のスペースが1か所にまとまっています。
1階フロアの中央付近にあるので行き来も楽になりますし、何よりスペースが十分取られるので今までのように混雑して待つことも少なくなるはずです。

そして誰もが気になる無料のショーですが、1階で行われます。
移転後は更に広々としたスペースが取られ、6mの吹き抜け天井を最大限に生かしたダイナミックなショーが行われます。
以下のイメージはダダンダンにアンパンマン号が向かっていくシーンとなっていますが、これには子供もテンション上がること間違いなしですし今から楽しみです!
ちなみにこれはバルーンショーとなっていますが、どこのアンパンマンミュージアムでも行なっておらず横浜が初導入です!!

バルーンによダイナミックなショーイメージ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

移転前と移転後の駐車場

移転前と移転後の駐車可能台数をまとめてみました。

<移転前>
敷地内40台
敷地外100台(2017年9月18日営業終了済み)
<移転後>
敷地内127台

現在の横浜アンパンマンミュージアム駐車可能台数は40台です。
以前は敷地外と合わせて140台ありましたが、周辺再開発に伴って敷地外駐車場は2017年に営業を終了しています。

それが移転後は敷地内に127台駐車可能になります。
週末はこの台数だと混むと思いますが、電車でのアクセスが便利になったのと近隣にオーケーストアをはじめ駐車場がいくつかあるので車がどこにもとめられない事態になることはないと思います。

スポンサーリンク

外観イメージ

移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観イメージが公式ホームページで公開されているのですが、今までと比べ物にならないくらい立派な建物になっています。
現在のアンパンマンミュージアムはどこか仮設っぽい雰囲気もあったのですが、移転後は重厚な造りでしっかりしたイメージです。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

工事の様子

2019年2月10日現在の様子を写真に収めてきましたが、一部外構が取り除かれていてその外観が見えてきました!

正面

新高島駅や横浜駅方向から歩いていくと見えるのがこちらです。
見ていただければ分かる通り、イメージ通りの外観になっています。
これが正面入口になっているので、駅から歩いて訪れる際に建物を回り込む必要がなく最短ルートで入場できるのがいいですね。

横側

外構が少しずつ取り外されているのが分かります。
白を基調としていてスタイリッシュな外観なのが伝わってきますね。

オーケーストア側

オーケーストア側から見ると、アンマンマンミュージアムのロゴが既に完成していました。
下方右側にはドキンちゃんが見えますが、隣にバイキンマンやアンパンマンが外構に隠れて描かれていました。
後ろに見える大きな建物は富士ゼロックスです。

もう少し近づいて写真を撮ってみました。
オーケーストア側の1階左半分が全面ガラス張りになっています。
こちらには外に広がるスペースが作られるのかもしれません。

感想とまとめ

現在の施設は2007年につくられたもので、「アンパンマンこどもミュージアム&モール」としては日本で一番最初に横浜にオープンしました。
その後、名古屋・仙台・神戸・福岡につくられていますが、横浜にオープンして既に12年も経つのですね・・・
その12年分のノウハウが移転先のアンパンマンミュージアムに生かされるので今より良い施設になるのが期待できます。

移転先の横浜アンパンマンミュージアムの建物完成は2019年5月31日を予定しています。
そこから準備を経て2019年7月7日にオープンという流れです。
残念なのは今の施設は5月26日に閉館してしまうので横浜アンパンマンミュージアムに空白の期間が生まれてしまうことです。
でも移転先は今より倍以上も広く電車でのアクセスも良いので今から子供とオープンすることを楽しみに待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました