【六本木】東京ミッドタウン内の子連れでも楽しめるモクモク手づくりファームでイートイン

東京

東京ミッドタウンといえば大人向けの上質なショッピングスポット
子連れが遊びに行く際、同じく六本木にある六本木ヒルズと比べることがあると思いますが、六本木ヒルズの方が子連れに優しいサービスがあったり施設が整っています。

僕もミッドタウンはなかなか子供を連れて訪れにくい印象があったのですが、今回ミッドタウン内で子連れでも食事を楽しめるお店を見つけ印象が少し変わりました。

モクモク手づくりファームの基本情報

店名

伊賀の里モクモク手づくりファーム

場所

東京都港区赤坂9丁目7番3号E B118
東京ミッドタウンB1F マーケットストリート

地図は以下です。

地下1階のガレリアにあります。
地下鉄の六本木駅に近い方で、通路が交差する場所にあるので分かりやすいと思います。

東京ミッドタウンはハロウィン一色

訪れたのが10月ということもあり、どの飲食店もハロウィンを楽しめるメニューを用意していました。
ミッドタウンでは10月1日から31日までハロウィンウィークになっていました。

ミッドタウン内もハロウィンの飾り付けが行われています。
娘も上に飾られた装飾を見ては、オバケだーっと喜んでいました。
この時期は歩くだけでも楽しいですね!

目的は大好きなソフトクリーム

この日は1時間ほどベビーカーでお昼寝をした娘。
ミッドタウン隣の檜町公園で遊んでご機嫌です。

檜町公園の記事はこちら。

【六本木】東京ミッドタウンの檜町公園は遊具と水辺で遊べるオシャレスポット
東京ミッドタウンに子供を連れて行ってきました。 東京ミッドタウンは大人向けのお洒落なショッピングスポットだというイメージがありますが、その裏には檜町公園がありミッドタウンのイメージにぴったりなこれまたお洒落な遊具もあります。 また池があ...

時間は14時過ぎ。娘がソフトクリームを食べたいと言い出し受付スタッフに聞いて教えてもらったのがモクモク手づくりファームです。

スポンサーリンク

お店の第一印象と注文システム

お店はオープンなつくりで、入りやすい雰囲気です。
共有通路から近い位置にレジがあり、お弁当やお惣菜、ホットドッグなどが売っています。
テイクアウトだけではなく、買った食べ物をお店の奥の大きなテーブルで食べることができます。

ゆっくりできるような本格的なカフェではなく、あくまで簡易的なイートインスペースといった印象です。
ただ、簡易的と言っても無機質なものではなく、ウッド調のつくりで落ち着いて食事をすることができます。

イートインを使用するためには、人数分の注文が必要です。

イートインスペースへ

娘が食べたがっていたソフトクリームを注文しました。ソフトクリームは税込320円で、支払いにはIDなどの電子マネーも使えました。

奥のテーブルに向かうと目に入ってきたのは大きな牛と豚。
ピンク色の牛が店内を明るくオシャレな空間にしていました。

このお店は三重県にあるモクモク手づくりファームが母体となっており、その牧場でとれたミルクからソフトクリームが作られています。
そのためとても濃厚で美味しく、都心にいながら牧場で食べるソフトクリームの味を楽しむことができました。

子連れに嬉しいサービスも

このお店は子供連れを意識したサービスを行なっており、子供用の椅子があるのはもちろん、絵本まで置いてありました。
置いてある絵本は牧場を意識してか、牧場にいる動物の絵本が多かったです。

当日はベビーカーでイートインスペースに入りましたが、椅子と交換して中に入れることもできますし、奥の椅子置き場にとめておくこともできるので、ベビーカーでも気兼ねなく食事ができると思いました。

無料のお水やお茶

アイスクリームを食べた後はお口直しにお茶をいただきました。
このお茶と水がイートインスペースに据え置かれており、無料でいただくことができます。
このようなちょっとした気遣いが嬉しかったです。

感想とまとめ

今回は訪れた時間がお昼の後だったためソフトクリームだけしか食べられませんでしたが、お弁当を始めお惣菜やランチメニューなどはどれも美味しそうで値段も立地を考えると高くありません。
恐らく牧場のPRも兼ねたお店なのでリーズナブルになっているのではないかと思いました。

また子供に優しい店づくりも、子連れで牧場に訪れてもらいたいというメッセージなのではないかと勝手に感じ取ってしまいました。
実際に三重は車で通ることはあるものの、この牧場の存在は今まで知る機会がありませんでした。
子供は動物園や牧場が好きですし、三重にこの牧場があることを知ることができたので、今回を機にモクモク手づくりファームに寄ってみようかという動機付けになりました。

何より都会にいながら牧場で食べるような食事を楽しむことができるのが一番の魅力だと思います。
次回はランチタイムに訪れてみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました