激混みでも楽しめる!?幼児とUSJに行ってきました!

大阪

ゴールデンウィークに3歳の娘を連れてUSJに遊びに行ってきました。
この記事ではゴールデンウィークに3歳の子連れで激混みのUSJに行った際に、実際に楽しめたことを中心に混雑の様子を記載しています。

駐車場待ち

USJへは車で向かいました。
電車でも良かったのですが、帰りに娘が寝るのは確実です。
そうすると、お土産や荷物を持ちつつ娘を抱きかかえて帰ることになります・・・
追加でタクシー代を払うことを考えればはじめから車で訪れた方が断然便利だったので車を選択しました。

駐車場付近に到着したのは開園の20分前、そこから駐車待ち渋滞で入庫するのに30分かかりました。
更に駐車場から入場口まで歩くこと15分、到着した頃には開園して30分近くが経とうとしていました。
早め行動したつもりでしたが、思った以上の混雑で出だしが遅れてしましました。
ゴールデンウィーク中は駐車場が満車になってUSJ内にとめられなくなった車もいたそうなので、入庫できただけマシかもしれません・・・

楽しめた場所やエリア

ユニバーサルワンダーランドが十分楽しめた

写真撮影はほどほどに、まず向かったのはお目当てのユニバーサルワンダーランドです。
ユニバーサルワンダーランドに関しては以下の記事で記載しています。

ミニオンパークは更に激混み

ミニオンパークには以下のアトラクションやグリーティングがありました。

・ミニオンハチャメチャライド
・ミニオンハチャメチャアイス
・ミニオンハチャメチャグリーティング

ミニオンハチャメチャライドに関しては身長が102cm以上必要なのでパス、ミニオンハチャメチャアイスは身長が92cm以上なのでこちらは乗れそうです。
どのようなアトラクションか確認するためにも訪れてみたのですが、なんと待ち時間が2時間以上
そのため、早々に諦めミニオンパークでは写真を撮って楽しむことにしました。

ミニオンパーク娘もせっかくミニオンの服装でUSJに訪れているのでミニオンパークで写真を撮らないわけにはいきません。
イースター向けの飾り付けも多く、写真だけではなく雰囲気も楽しむことができました。

ちなみにゴールデンウィークのためUSJは激混みでしたが、ミニオンパークは他のエリアに比べ一段と混雑している印象で歩くのも困難でした。
特にベビーカーを押してとなると大変そうでした。また空いている時にゆっくり訪れたいエリアです。

マイフレンドダイナソー

マイフレンドダイナソージュラシックパーク付近を通りかかったところ、たまたまマイフレンドダイナソーのショーの最中でした。
マイフレンドというくらいなので草食系の恐竜だけかと思いましたが、ティラノサウルスもいました。
近くですみると大迫力で、動いているのを見ると本物の恐竜のようです。
想定はしていましたが、案の定娘は泣いてしまい早々に引き上げました。
次回来るときは最後まで観たいショーです。

スポンサーリンク

写真撮影

イベントに沿った写真スポット

ユニバーサルワンダーランド訪れたのはゴールデンウィーク、ちょうどイースターのイベント一色でした。
まずユニバーサルワンダーランドですが、中に入って早々キャラクター達がウサギの耳を被ってお出迎え。
写真を撮って楽しみました。

他にも至るところにキャラクターに関連したタマゴが置かれていて、写真撮影スポットが多い印象でした。
ミニオンパークではミニオンがタマゴになっていました。

キャラクター達との写真撮影

キャラクターとの写真撮影ディズニーといえばミッキーをはじめとした数々のキャラクターがいますが、USJも負けていません。
セサミストリートファンワールドをはじめ、エントランス付近でエルモバートと写真を撮りました。
シュレックやフィオナ姫もいましたが、シュレックに怖がって一緒に写真は撮れませんでした。

写真撮影スポットが多かった

USJ内には至るところに写真撮影スポットがありました。
例えば何気ないベンチの背景にイラストが描かれていて写真を撮って楽しめる工夫がされていたりと、思い出を写真として残すことができます。

スポンサーリンク

食事あれこれ

ランチはスタジオスターズレストランで

時間は11時半、ランチを食べようと園内を探しましたが、どこも人で溢れかえっていて座席を確保するのも困難な状況でした。
そこで見つけたのがハリウッドエリアにあるスタジオスターズレストランです。

このレストランは座席を確保する必要がなく、空席が出来たら案内されるシステムです。
そのため並んでいれば確実に食事がとれるため、座席を探し歩き回ったりするストレスがありません。

それでも20分ほど待ちましたが、無事に座席に案内されました。
通された座席の壁面にはハリウッドの映画スター達が沢山描かれた絵が飾られていました。

スタジオスターズレストランメニューは注文口で伝え、料理をプレートに乗せ先に会計するスタイルです。
基本的に大人はプレートセットになり、5種類のメインメニューから1品8種類のデリメニューから3品選びます。
それにパンとソフトドリンクが付いて1890円でした。
僕はメインにスペアリブを選びましたがなかなかボリュームがあり満足できました。

子供向けメニューは2種類ありました。
おさるのジョージカレーライス500円と、ミニオンハンバーグセット990円です。
それぞれデザートとドリンクが付いてきます。
娘が選んだのはカレーライス、子供向けに甘口になっていました。

他にもドリンクやデザートメニューがあります。
ソフトドリンクは320円から、生ビールは750円でした。
ワインやハイボール、ノンアルコールビールまで置いてありました。
デザートはミニオンやおさるのジョージとコラボした商品が売られていました。

ミニオンのポップコーンを買いました

ミニオンポップコーンテーマパークといえばポップコーンですよね!?
少なくともうちの娘はそういうものみたいで、USJでもポップコーンを買いたいと泣き叫びミニオンパークで買うことになりました。
せっかく購入するならとミニオンのポップコーンにしたのですが、これがすこぶる高い・・・
キングボブミニオンポップコーンのお値段は3480円と、ディズニーのが安く感じるくらいでした。
クオリティは確かにこちらのミニオンの方が良かったです。ミニオンの目もキョロキョロと動きますし・・・
ミニオンのポップコーン

ちなみに同じミニオンでもイースター限定バージョンがあったのですが、こちらはキングボブのと比べて少し安っぽい印象。
ミニオンの目も動かずプリントだったので購入を見送りました。

お味の方は塩キャラメル味のバナナフレーバーで、バナナの香りがとても甘く美味しかったです!
娘も気に入った様子でパクパク食べていました。

チュロスはイースター限定商品

チュリトスセサミストリートのイースターチュリトス」という商品をおやつとして購入しました。
これはイースター限定のイチゴ味となっていて、ほんのりとした甘酸っぱさがチュロスとの相性抜群でした。
値段は550円で、ユニバーサルワンダーランドで購入しました。
2本購入したのですが、見た目以上にボリュームがあり半分くらい残しました。1本でも良かったです。

スポンサーリンク

お土産

ミニオンのバブルワンド

ミニオンのバブルワンドシャボン玉が大好きなうちの娘。
他の子がシャボン玉を飛ばしているのを見て、やばいなぁと妻と話していたのですが、案の定「欲しい!!」とおねだりされてしまいました。
本当に欲しいのか判断するために何度か娘に訪ねたのですが、買いたいという意思が全く変わることなく最終的に親の方が折れました。
お値段はなんと2800円シャボン玉ですよ・・高い・・・

正式な商品名は「バブルワンド」というそうですが、値段が高いだけあって高機能。
ボタンを押すと自動でシャボン玉を作って飛ばしてくれます。
一個や二個という単位ではなく数十個作って飛ばしてくれるので辺りはあっという間にシャボン玉だらけになります。
ゴールデンウィークで混雑していたのでなるべく人混みでは使わないよう娘を説得するのが大変でしたが、当の本人はこのシャボン玉で更にテンションが上がって楽しく遊んでいました。
また光るので夜のパレードもこのシャボン玉が使えると思いました。

家に帰ってからも公園にこのシャボン玉を持って行って遊んでいるのですが、シャボン玉液は市販のものを補充できますし電池も交換して使えるので末長く使えそうです。
というか長く使わないと値段の元が取れないですね!

お友達や家族へのお土産

その他、幼稚園のお友達や家族向けにお菓子やミニオンのコップを購入しました。
ミニオンパークで購入したのですが、お土産を購入するのにも人混みで一苦労でした!
もう少し空いていればゆっくりショッピングを楽しむことができたのですが、そんな余裕はなく必要最小限のお土産に留めました。

混雑が見込まれる際は事前に購入したいお土産を決めておいた方が良いです

感想とまとめ

予定ではUSJで夕方くらいまで遊んで温泉に入って帰るつもりでいたのですが、朝早くからテンションが上がり切って遊び疲れたのか、娘は3時くらいに寝てしまいました。
疲れたのは娘だけではなく僕たちも同じで、午前中の混雑が午後になって更に酷くなってきたため時間を早めて帰宅することにしました。
空いていればのんびり園内で休憩するのもありだったかもしれませんが、この日の混雑は想像以上で何より人疲れしました。
次の日も朝から予定が入っていましたし、無理をせず楽しみは次回にとっておくことにしました。

ただ、言えることは混雑していても幼児連れでそれなりに楽しめるということです。
どうしても混雑している時にしか遊びに行けない家庭もあると思いますが、その際は心のゆとりを持って無理をしないことが楽しむ秘訣だと思いました。

大阪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パパコレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました